MENU

カードローン審査を通すために重要なポイントは

 

三井住友銀行カードローンを申し込み、審査に通したいと思ったとき、一発勝負だといわれることもあるでしょう。

 

しかし、審査はそこまで甘いものではありません。

 

しっかりと考え、相手が審査を通してもいいと思わせることが重要となるのです。
駆け引きなしでは、厳しい審査を通すことは難しいと考えましょう。

 

借入総額を下げることの重要性

三井住友銀行カードローンを含め、銀行カードローンはどれも審査が厳しいことがポイントです。
そこで、まずは限度額を低めに設定して申込みをかけます。

 

低めに設定して審査が通らないようでは、そもそも大きな問題を抱えていると考えることができるでしょう。
この場合には、どんなところに申し込んでも融資を受けられない可能性があるため、計画自体を見直さなければいけません。

 

なぜ、この方法が有効かといえば、低くすることで返済計画を考えていることをアピールすることができます。
返済計画のない人は、非常に危険な人と判断することができるため、外される可能性が高いのです。

 

次に、借入総額を下げることができるという点があります。
ほかに借入れがあったとするのであれば、総額が下がることによって、審査で落とされる危険性を下げることができます。
総額が大きくなればなるほど、返済できなくなる可能性は高まるのは道理でしょう。
年収に対して、1/3を超えるような金額を返済しているのであれば、まず通ることがないというのも、この理由に基づいています。

 

大事なのが、この先の計画です。
しっかり返済を続けていれば、増額審査を受けられる可能性が出てきます。

 

大げさな話ですが、10万円の融資を受けられれば、100万円の増額の申込みだってできるようになる可能性が出てくるのです。
いきなり100万円からスタートするのに比べ、著しくハードルが下がるところが重要になります。

 

絶対にうそをつかないことが重要

審査の段階で、非常に気を付けなければいけないのは、返済ができるのかどうかを判断するのですから、情報は正確にすることでしょう。
勤務先の情報などは特に重要で、これにより返済能力を判断したりすることも出てきます。

 

パートやアルバイトであっても三井住友銀行カードローンは融資をすることもありますが、不正確な情報を知らせれば、それだけ不誠実であり、危険性が高いと判断するのです。

 

仕事がないような状態では、よほどの資産があったりするような人でもなければ、三井住友銀行カードローンにはほぼ通りませんので、まずは仕事を見つけることも必要となるでしょう。
派遣社員に登録するだけでも、判断は変わってきます。

 

ただし、勤続年数が多いほうが、返済に対する安定性が高いと判断することができますので、このあたりもよく考えておくことが重要でしょう。


このページの先頭へ