MENU

三井住友銀行カードローンの審査がなぜ厳しいものなのかを考える

 

三井住友銀行カードローンは、銀行カードローンとしての安心感もあるでしょう。
だからといって、審査が甘くなったりするわけではなく、かなり厳しいものとなっています。

 

お試し審査を使ったりすることで、その感触をつかんだりすることもできますが、いったいどんな仕組みになっているのかを知ることで、実際に通るかどうかも判断することができるでしょう。

 

デフォルト率という問題

銀行にとって、銀行カードローンがどんな存在かを知ることが重要です。
銀行は預金などを運用することで、低金利でお金を集めてきます。
それを、もう少し高い金利をつけて融資することで利益を上げているのです。

 

消費者金融の場合には、預金などの商品を持たないため、銀行から低金利でお金を集めてくるところに違いがあるといえるでしょう。
つまり、三井住友銀行カードローンの金利が低く設定されているのは、こうした仕組みがあるからです。

 

ですが、銀行には、貸したお金が返ってこないリスクがあります。
デフォルト率ということで、このリスクを計算することができますが、できるだけ下げるために必要になってくるのが審査であり、金利であると考えることができるでしょう。
デフォルト率を下げるために審査を厳しくするということは、返ってこないリスクが少なくなるため、低金利でも利益が出るのです。

 

審査を甘くすると、デフォルト率が上昇し、リスクが高まるために金利はあげなければいけません。
つまり、三井住友銀行カードローンは、銀行としてデフォルト率を下げるため、審査は厳しい代わりに、低金利での貸し付けになっているのです。

 

三井住友銀行とプロミスの関係

銀行はデフォルト率を下げるために審査を厳しくしていますが、よく読んでみると保証会社による保証を採用していますと書かれているでしょう。

 

ここが一つのポイントで、銀行は返済がされないような場合でも、消費者金融が含まれている保証会社が負担をします。

 

ここで、何かおかしいと感じた人は正解です。

 

消費者金融は銀行からお金を借りて経営しながら、何かあったら保証しなければいけないという図式になっているのですから、複雑に絡み合っているといえます。
その代わりに、保証料という形で、銀行は消費者金融に支払っているのです。

 

三井住友銀行との関係を考えれば、傘下にあるプロミスが相当するといえるでしょう。
こうした関係があるからこそ、お試し審査にプロミスを使うことができたりしますし、厳しい審査が待っていますが、限度額が高く低金利になっているのです。


三井住友銀行カードローン

このページの先頭へ