MENU

お試し審査のない三井住友銀行カードローンの活用術

 

三井住友銀行カードローンの場合にも、審査を受けていかなければ、融資を受けることができません。
どこでも同じですが、審査なしで貸し出してくれるところはありません。
それでも、三井住友銀行カードローンの審査時間は、最短ではありますが、30分で結果がわかるようになっているのです。

 

実際にもっと早いところもありますが、審査を受けるということを考えたら、この30分当たりが妥当というところでしょう。
これでも、驚くほどの速度です。
非常に速度感のある取引ではありますが、問題は三井住友銀行の口座がないと、すぐに受け取ることができない点でしょう。
事前に用意することができれば、審査後にすぐに振り込んでもらえるため、かなりスピードもアップします。

 

審査の厳しい銀行カードローン

三井住友銀行カードローンの場合には、融資限度額は大きいものの、貸金業系のローンに比べ、どうしても審査が厳しくなる傾向があります。
これは、銀行カードローンの特徴になっている部分ともいえるでしょう。

 

そのため、お試し審査のような手法をとって確認したいところでもありますが、三井住友銀行カードローンには、そのようなシステムがないのです。
つまり、いきなり審査に掛けることになるため、審査要件を満たしているか考えておかなければいけないでしょう。

 

お試し審査を活用するために

 

審査要件には、さまざまなものがあり、他社からの借入れの総額なども関係してきます。
過去の履歴なども調べることで、かなり複雑なものになってくるため、一概にこれなら大丈夫だということが言えません。
それぞれ審査基準の線引きが違うというところも、大きなハードルとなるでしょう。
そこでお試し審査が重要となってきたりするのですが、実はプロミスのお試し審査を使うことで、同じような基準で測ることができるのです。

 

現在、プロミスは三井住友銀行の傘下にあり、審査・信用保証を請け負っています。
つまり、基準としては、ほぼ似たようなものになっている可能性があると考えることができるのです。
方法としても、生年月日や収入、他社からの借入金額を入れるだけで判断ができます。
ただし、あくまでも簡易的なものであり、プロミスのほうが審査は甘くなっている可能性もありますので、目安として使うことが重要です。

 


このページの先頭へ