MENU

おまとめローンに三井住友銀行カードローンは使えるか

 

三井住友銀行カードローンの場合、銀行カードローンであるということもありますが、低金利で大きな金額を借りることができる可能性が高いところがポイントです。

 

そこで考えていくべきなのが、借り換えやおまとめということになるでしょう。
うまく活用することで、返済の負担を軽減させることができるようになるのですから、向いているかどうかを判断してみることが大切です。

 

おまとめや借り換えに便利

まず、どんな商品を使えば、効果的におまとめや借り換えができるかということを考えなければいけません。
ただ単に一つにまとめるだけでは、手間が減らせるだけで、分散できるというメリットもなくなってしまう可能性も出てきてしまうからです。

 

とにかく現在借りている条件よりも、低金利にならなければ意味がないでしょう。
金利が上がるのであれば、返済負担は増えるのですから、何の意味もありません。
そのため、銀行カードローンのような商品が向いていると考えられます。

 

次に、限度額が高く設定されているということが上げられます。
まとめてしまうことになるのですから、限度額が低いと意味がありません。
できるだけ高いことにより、利便性も高まることも期待することができます。

 

そして、まとめる以上総量規制の対象外でなければいけません。
もちろん、高額の収入があれば問題はありませんが、おまとめや借り換えといっても、一度お金を借りてほかの借入れを返済することになります。
そのため、総量規制がかかるようでは、年収の1/3に抑えられ、返済する分を借入れできない可能性が出てきてしまうでしょう。

 

こうした条件に、三井住友銀行カードローンは当てはまることになります。
さらに最近、三井住友銀行カードローンは、かなり積極性が上がったといわれ、利用しやすいものになってきているということも重要でしょう。

 

便利でも注意しなければいけないポイント

便利な三井住友銀行カードローンではありますが、審査の厳しさは変わっているわけではありません。
おまとめや借り換えを検討する場合にも、注意しなければいけないポイントがいくつもあります。

 

すでに4件以上借りてしまっている場合や、債務整理の手続きを行っている場合、5年以内に滞納をした経験などがあるとかなり厳しいものになるでしょう。
 
ここ1カ月間に3件以上の審査を受けたりしている場合にも、信用情報に記載されているため、難しくなります。
ただし、債務整理の中でも、過払いの請求に関しては、信用情報に記載されることはありませんので、対象とならないところに注意が必要です。

 


このページの先頭へ