MENU

三井住友銀行カードローンをうまく活用するために重要なメリットとデメリット

 

カードローンを使うとするのであれば、それぞれのメリットを上手に生かすことが重要でしょう。
比較することで見えてきますが、メリットもあればデメリットも存在します。

 

生かし方によれば、そのデメリットは気にならないものになる可能性も出てきますので、いったいどんな面があるのかを知ることが大切なのです。

 

かなりの低金利の設定

三井住友銀行カードローンの場合、業界の中でもかなりの低水準の金利を持っています。
もちろん、常に最低の金利になるわけではありませんが、低いということはすべてにプラスに働くことになるでしょう。

 

ここで注意するべきポイントとなるのは、上限が低いということです。
4.0%〜14.5%の金利帯は、利息制限法の上限である18%を考えれば、かなり低金利の設定となっているといえます。

 

銀行系カードローンの場合、審査から即日融資ということはあまりありません。
ところが、メガバンクでありながら、三井住友銀行カードローンは即日対応してくれるのです。

 

三井住友銀行以外のATMも利用することができ、コンビニエンスストアにおかれているようなATMでも手数料無料で使えたりします。
1回100円程度の手数料ですが、毎回これを支払ったりすることを考えると、実はかなりの負担になってしまうのです。
こうした部分は、三井住友銀行カードローンの大きなメリットになるでしょう。

 

返済方法にデメリットあり

その半面で、インターネットバンキング・モバイルバンキング・テレホンバンキングに契約していないと、口座振込の方法を選ぶことができません。
返済ということを考えた場合も、三井住友銀行の口座がないと自動引き落としができない仕様となっています。

 

今後の振込みなどで、ATMを使うことができなかったり、使いたくなかったりするのであれば、振込手数料が必要となってしまうと考えなければいけません。
そうなってしまうと、返済金額が増大することになるため、何よりも大きなデメリットとなるでしょう。
こうしたことからも、主に三井住友銀行を使っている人やコンビニのATMを使っている人に向いている銀行カードローンといえるでしょう。

 


三井住友銀行カードローン

このページの先頭へ