MENU

上限額と金利の設定を知って三井住友銀行カードローンをうまく使う

 

三井住友銀行カードローンに申し込む際に、いったいいくら借りたいのか、その金額も提示しなければいけません。
いったいいくらまで貸してくれるのか、その限度額も知らなければ、交渉する余地もないでしょう。

 

さらに、返済ということも考えなければいけないのですから、借入金額に対する適用金利も想定しておかなければいけません。
金利の設定は、ここで変わってくることを理解していない人も多いのです。

 

銀行カードローンだからこそ持つ上限額

三井住友銀行の借入限度額は、10万円から800万円になっています。

 

貸金業者の限度額を見ると、大体が500万円になっているのに比べ、かなり高めになっていることがわかるでしょう。

 

これは、銀行カードローンの特色の一つです。
それでも、三井住友銀行カードローンの上限は、とびぬけて高いわけではなく、1000万円というところもあったりします。
そのため、中間的なレベルであることがわかるでしょう。

 

こうした金額の設定ができるのは、銀行が運営するカードローンになっているため、総量規制が適用されないからなのです。
つまり、年収によって借り入れ限度額が決まることはなく、あくまでも銀行側がどこまで貸付することができるのかを判断するということになります。
ここも、銀行カードローンの大きなポイントとなるのです。

 

だからといって、常に限度額を貸し出してくれるということではありません。
初回取引では、ほとんどが100万円以下になるでしょう。

 

利用して行き、信用度が上がれば、高額になっていくようになるものなのです。
もちろん、高収入であったりすれば、可能性は出てきます。

 

金利は限度額によって変わる

ここで重要になってくるのが、金利の問題です。
たとえば、100万円借りて14.5%の金利と、500万円借りて同じ金利が課せられるのでは、単純に5倍の金利を返済しなければいけません。
これでは、貸し出しにくく、借りにくいものとなってしまうでしょう。
そこで、金利は限度額に応じた変動金利になっているのです。

 

注意しなければいけないのは、借りた金額ではなく、限度額であるということでしょう。
限度額は、信用度といってもいい部分で、銀行がどれだけ融資することができるのかということにもなるわけです。
だからこそ、金利も下げることができるという性格も持っています。

 

実際に、500万円までの限度額を設定できた場合、6.0%〜7.0%という金利になるのです。
100万円以下の場合が12.0%〜14.5%ですので、約半分の金利となってきます。


三井住友銀行カードローン

このページの先頭へ