MENU

三井住友銀行カードローンを使う上で重要となる返済方式と返済方法

 

どれだけ借りるのかということを考えるとともに、返済金額が自分にとって適正なものなのかということも考えておかなければいけません。
適正という範囲をはるかに超えてしまった金額を借りようと思っていても、審査には通るものではないでしょう。
返済計画を立てることができないような人に対しては、銀行は警戒してしまうのも当然です。

 

そのためには、いったいどんな返済方法と方式になるのかを考えていかなければいけません。
なぜならば、三井住友銀行カードローンも含め、すべてが同じ方式をとっているわけではないということです。

 

手数料がかからないATMでの利用

三井住友銀行カードローンの場合、口座を持っていることが一番です。
しかし、どんな地域にも三井住友銀行があるとは限らないことを考えると、ATMを利用することが一番でしょう。

 

インターネットバンキングを利用することはできませんが、手数料無料で利用することができるようになる可能性があります。
可能性があるというのは、どんなATMでもいいというわけではなく、イーネットATMや@BANK、ローソンATM、セブン銀行、ゆうちょ銀行に限定されるからです。
実際にこれだけのATMが指定されているのですから、どれか利用することはできるでしょう。

 

消費者金融の場合には、自社ATMを使わないと手数料がかかる場合が多いため、かなり利用しやすいものになっているといえます。
わずかな差ではありますが、最終的な返済金額まで考えてみると、こうしたサービスがあるかどうかはかなり大きなものになっていくものなのです。

 

残高スライドリボルビング方式の持つ性格と繰上げ返済の有効性

返済方式は、残高スライドリボルビング方式になっています。
こうした方式は、見ただけでもよく分からないでしょう。

 

この残高スライドリボルビング方式は、借入残高によって毎月の返済額が変動するところに特徴があります。

50万円ごとに設定された返済金額があり、スタートが50万円〜100万円だった場合、返済金額は15,000円になるのです。
それが、50万円を切るようになると、返済金額は毎月10,000円に変動します。

 

ここに特徴がある方法で、毎月の返済金額がわかりやすい方法といえるでしょう。
しかし、返済金額が減っていくため、どうしても返済期間は長期化します。
負担が少ないですが、長期化することにより返済総額もかさんでしまう可能性がある点に注意もしなければいけません。

 

特に初期には元金の返済割合が少なく、借入金額が減らない傾向が強いため、できるだけ繰上げ返済を活用することが大切です。
この方法は、金利を返済するのではなく、元金の返済に充てられるため、借入金額を直接減らすことができます。
借入金額が減れば、返済負担が減ってくる方式である以上、うまく活用することが重要となってくるでしょう。


三井住友銀行カードローン

このページの先頭へ