MENU

素早いところがポイントとなる三井住友銀行カードローン

三井住友銀行といえば、SMBCとも言われているメガバンクの一つです。
3大メガバンクの一つとして知られています。

 

2001年に住友グループの住友銀行と三井グループのさくら銀行が合併して出来上がった銀行です。

 

財閥同士の合併であり、それまでにはありえなかった合併でもありました。

即日審査で最短即日融資のスピード感

そんな三井住友銀行が行っているカードローンは、即日審査で最短即日融資可能なところが特徴といえるでしょう。

 

一般的に考えれば、こうした銀行系のローンを申し込む場合、保証人が必要になったりするのです。

 

しかし、カードローンの場合には、原則不要というところが重要となるでしょう。
使い道に制限もありませんが、その代わりに金利は高めになっています。
ですが、即日融資可能となれば、このスピードを有効に活用することができるはずです。

 

それも、審査時間が最短30分で審査が終わるのですから、非常に有効なカードローンだといえます。

銀行系カードローンの中でも飛びぬけた低金利

三井住友銀行カードローンの場合には、金利が低いのも魅力になっているでしょう。
初回の取引で、最低の金利になることはありませんが、金利が年4.0%〜14.5%と変動金利になっているところは、重要な意味を持っています。

 

金利がわずかに変化するだけでも、最終返済額に大きな影響を与えますので、できるだけ安いに越したことはないのです。

 

もう一つ重要なのが、こうした銀行カードローンは、自行の口座がないと申し込めないことも出てきます。
それが、何もなくても申し込むことができ、三井住友銀行以外のイーネットATMやローソンATMなどでも利用できるところ利便性の高いポイントです。

収入証明書が最高300万円までであれば不用の利便性

一般的に提出しなければいけない収入証明書が、最高300万円であれば、申込みに必要としません。

 

このあたりも活用しやすいだけではなく、素早く利用して行くことができるカードローンであるといえるでしょう。

このページの先頭へ